不登校の児童にこれだけは言っていけないこと

不登校を無理に早く解決しようとする直接的な言葉

不登校の児童には必ず不登校になった理由があります。しかしその理由を何かしらの原因があって言えない、あるいは言いたくない児童も存在します。家庭環境が原因の場合は、教師や地域の方に相談したくない児童や、学校で理不尽にいじめを受けている場合には、親にそのことを話したくないと考えます。
自分の子供や、学校で担任をしている生徒が不登校になれば、親や教師たちは一刻も早く問題を解決してあげたいと思うのは当たり前です。ですが、不登校は非常にデリケートな問題なのでしつこく原因を追究したり「明日から学校に頼むから行ってくれ」など児童の気持ちを考えない直接的な言葉を使用してはいけません。増々児童が追い込まれてしまう危険性があります。

ゆっくり時間を使って解決していくために

「どうして学校にいかないの」や「何か辛いことがあるの」などと質問攻めにすることも注意が必要で、少しずつ時間をかけて声をかけることが大切だと感じます。不登校の原因となる問題も時間が過ぎれば改善されることもあり、親としては辛いですが少し子供と距離を置くことも選択肢のひとつです。
コミュニケーションの取り方で児童の気持ちが大きく変化することもありますから、学校側や地域と出来るだけ相談していき、適材適所な言葉をかけていくことを目指していきましょう。
児童の意思を尊重しながら不登校に向き合うことは難しいことですが、どんなに時間がかかっても良いので解決に向けてこの問題を一緒に考えてくれる関係者と連携していくことも重要です。